2019年6月20日木曜日

令和最初の「経営計画発表会」開催される

本年度も梅雨の晴れ間の中、霧島市のSuccessKEY Groupの

第22回経営計画発表会が開催されました

全国26社の関係者が集まりその中から数名の担当者が今年の計画を

発表しました


本年度のグループの基本方針は

「Think Globally、ActLocally」

日本語での意味は

「地球規模で考え、足元から行動せよ」という意味です


****************************************************
開催日時:令和元年6月17日(月曜日)午前9時より

場所:霧島市 ホテル京セラ 「天雅」の間
****************************************************

本年度は � 建設・再エネ事業
     � 住宅事業
     � 農業事業
     � 介護事業

の部門について発表がありました

各事業とも「SDGs」(持続可能な開発目標)

貧困を終わらせ、地球を保護し、全ての人達のための繁栄を確保する

ためにつくられた17のグローバルな目標のうちから該当する目標を

かかげ達成のために取り組んで行く事にしました。


各事業の発表のあと中島統括から新規事業を含む事業方針発表があり

地球規模から飛び出た宇宙規模の方針発表に会場も圧倒されるような

感じでした


今年はグループ会社の「神楽坂50番」よりシュウマイと餃子の提供で

ホテル京セラさんで昼食を作っていただきました 

発表会の後は集まった全員で昼食をとり会をふりかえり話が弾んでい

ました

東京神楽坂で作られるこのシュウマイと餃子、肉まんは東京を中心に

沢山の人に食べられています

この商品に鹿児島の安全で美味しい肉やキャベツ、玉ねぎなどの食材を

使用して行く計画で現在肉とキャベツの供給を始めています


SuccessKEY Groupは「医・食・住」を通じて社会の皆様と


豊かで活力ある未来創りに貢献いたします。

2019年5月11日土曜日

春の交通安全運動出発式実施される

令和元年5月10日春の交通安全運動の出発式が実施されました

2019年の春の全国交通安全運動は、5月11日〜20日の期間、実施されます。

「子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の事故防止」などが

重点項目としてあげられています

先日も滋賀県大津市に於いて園児を含む16名が死傷した事故があったばかり

で東京では自主的に運転免許を返納する高齢者ドライバーが1,200名

と安全運転に対しての姿勢が真剣に届いているようです


今回の出発式では地域の安全を守る「嘱託警察犬」が1日署長に任命され

訓練のパフォーマンスを披露してくれました

また、安全管理者協議会の会員の各社と事件があった場合に

ドライブレコーダーのデータを提供する協定書の調印式もありました

会の終わりに白バイを先頭に協議会の各社のトラック、青パトのパレード

で町内の皆さんに安全運転をPRしました

2019年5月2日木曜日

令和元年、気持ちも新たに。

令和元年5月1日、この佳き日に私共SuccessKEYGroupグループ役員21名は

霧島市の鹿児島神宮にて事業繁栄祈願を行ってまいりました。

あいにくのお天気でしたが、これから始まる令和の時代に希望を馳せながら

澄み切った気持ちで無事祈願を終えました。

『令和』には「一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく

咲かせることができる」という願いも込められているそうです。

グループ社員一人ひとりが希望を胸に大きな花を咲かせることができるよう、

気持ちを新たに日々邁進してまいります。

令和の時代も、どうぞSuccessKEYGroupグループを宜しくお願い致します。

2019年4月30日火曜日

平成最後の日にイメージチェンジ

いよいよ平成も本日4月30日をもって終わり5月1日より「令和」

を迎えます。令和の意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が

生まれ育つ」という意味だそうです。

時代は変わっていきますが日本の文化が世界の中で花咲くように盛り上げて

行きましょう。

弊社でもこの機会に事務所の駐車場のスペースを広げる工事と玄関横の

シンボルツリーの「枝垂れ桜」付近の庭を手直ししました。

令和の時代をお迎えするために手作りしました。

2019年4月1日月曜日

2019年4月度安全大会と入社式開催されました。


平成31年4月1日新年度がスタートしました。

今日は月初め行われる安全大会と入社式が行われました。

事務所前の広場で安全大会をして全員で今月の無事故を祈り「頑張ろう!」

コールを三唱しました。


続いて事務所会議室にて新卒者を含む4名の入社式が行われました。

緊張感の中にも笑顔が出るような話も出て式の最後に中島統括より

辞令をいただき式を終了しました。

記念に全員で事務所の妖精木(枝垂れ桜の木)の前で記念撮影をしました


新入社員のみなさん、春風の様に新風を吹かせて下さい!!

2019年2月22日金曜日

伊座敷トンネル 現在の様子 -コンクリート舗装施工-

2017年4月6日貫通した伊座敷トンネル(L2,151m×w6m)は現在

路面の舗装工事の施工に入りました。


弊社は伊座敷トンネル30-2工区を受注し専用の機械で左右の路面を

いっきに舗装していきました。


道路や駐車場の舗装といえば、アスファルト舗装が一般的です。

ところが、トンネル内の多くはコンクリート舗装になっています。

道路にアスファルト舗装が多い理由としては、

�安価である
�施工が容易(施工後早く固まってすぐに通行できる)
�車の走行性が良い(静かで乗り心地がいい)
�排水性が良い

などが挙げられます。

一方でコンクリート舗装の長所としては

�耐久性がある(超寿命である)
�明るい色である(トンネル内は視認性がいい)
�油に強い

価格については、単価ではコンクリート舗装はアスファルト舗装の

約1.5倍高くなります。

加えてコンクリート舗装の場合は、ひび割れや沈下を防ぐために鉄筋

(ワイヤーメッシュ)を敷設するので、その費用も余計にかかります。


交通量が多く、重量のある大型車の通行もある高速道路では、道路の

補修や改修工事をおこなう度に通行止めや車線規制などの措置を

取らなければいけません。

硬化するのが早いアスファルト舗装なら、夜間に通行止めをして

改修工事をおこない、翌朝開通することも可能です。

反対に、閉鎖や補修工事が困難なトンネル内などには、

あらかじめ耐久性の優れているコンクリート舗装が多く用いられています。


普段なにげなく利用している道路ですが、こんなふうに使い分けがされて

います。


2020年度の供用を目指し安全施工で作業中です。


 -鳥 越-

2019年2月19日火曜日

高校生国際シンポジウム開催される

平成31年2月8日(金),2月9日(土) サンエールかごしまに

於いて、第4回高校生国際シンポジウム 発表会が開催されました

今回発表をした高校生の中にモリンガの水の浄化能力に着目して

モリンガの原産国インドの水質改善への利用実態と今後の活用について

発表された方がいます。

鹿児島県立甲南高等学校の宮下彩寧さんです

ワダツミ農園のHPを見て取材に来ていただきました

約1年間鹿児島大学等にも協力をもらい現地にある品物で水質改善の方法

をみつけ今回の発表になりました。


シンポジウムの会場での発表は約12分間の発表と7分間の質疑応答と3分

間の審査となります。その間は全て英語でのスピーチでした。

流暢な英語で話すスピーチはとても聞きやすく説得力がありました。

25の分野で81名の研究発表がありました

審査の結果宮下さんは国際問題・環境・観光分野で「最優秀賞」を

受賞されました。


この後、3月2日からイギリスへ行きオックスフォード大学でも同じ発表

をされるそうです。

モリンガの周知について私たちの出来ない所で頑張ってくれる宮下さんに

声援を送りたいです。頑張って下さい!!


鳥越

2019年1月28日月曜日

錦江町総合交流センター 安全施工中!!

現在、錦江町は錦江町役場の隣の補助庁舎跡地に町民の交流拠点となる

総合交流センターを建設しています。


株式会社桑原組と株式会社三共建設のJV(共同企業体)で受注し

施工中の、このセンターが完成すると、1階は社会福祉協議会事務所や

健康指導室などの保健センター機能、2階に教育委員会事務所や体育館

などの中央公民館機能、3階には災害時の避難所を兼ねた多目的ルームを

有する複合施設として子供からお年寄りまで多くの人が集う拠点施設に

なる予定です


建築している現場は、役場を利用されている住民の駐車場に隣接している

ので一般の方が事故に合わない様にすることと、作業する人が事故を

しない様注意し「安全第一」で施工中です

2019年1月18日金曜日

平成31年度 新春安全大会を開催しました

今年も事後防止と一年の安全を願ってSuccessKEYグループの

新春安全大会を開催しました。

日時:平成31年1月4日(金)9:00
場所:安全祈願祭:霧島神宮【新神楽殿】
  :安全大会 :天降川地区共同利用施設

 
当日の霧島神宮は天気も良く例年のように寒い朝でした

身の引き締まる思いで新神楽殿の中で神事を受けた後、集合写真を撮りました

まばゆいばかりの陽を受け緑から黄金色にも見える杉のご神木と空の青空がと

ても印象的な写真になりました


11:00より場所を天降川地区共同利用施設に移動して安全大会を開催しました

今年の歳男、歳女の方から当たりくじを引いた方に中島統括から記念品を授与

されました

新人紹介では壇上に上がり切れないほどの人があがり一言づつ抱負を述べて

くれました

その中に今年はベトナムからの研修生も入り一生懸命日本語で抱負を語る

姿に感動しました


「事故は常に起こりうる」その中で「事故は絶対に起こしてはならない」

強い意志、緊張感を持って事故防止活動を実践します


 鳥越